月額500円で日本の有名漫画をZIPで落とし放題の衝撃!? 漫画村の機能アップ版-漫画村プロ- 多数の非難の声が続々。

シェアする

無料で、著名な漫画などを閲覧できるサイト「漫画村」が、有料版「漫画村プロ」を開始することがわかりました。Σ(゚Д゚)閉鎖どころか、プロ版とな!? 

漫画村プロの月額500円の有料版のイラスト

_

1:風吹けば名無し 2018/03/05(月) 06:06:13.83 ID:wEos5n+c0.net 月額500円で広告なしのプロバージョンを公開した模様
_

げーむやかんでは、この記事を話題に取り上げると、漫画村の宣伝になってしまうから、ブログ記事にするのを、これまで躊躇していました。

しかしながら、日本の商業漫画家とコミックを扱う出版社の収益の悪化と、漫画村の脱法ゆえの、事実上の「お手上げ状態」は既定路線へと舵を切りつつあるように思えて、さすがに 「臭いものに蓋をしても、汚物はそこにある」という現実から、目をそらしちゃ、やばいんじゃなかろうかと思いました。(報道もされているし、もはや漫画村の固有名詞を隠しても無駄と思います。)

それにしても、漫画村側の言い分というか、開き直りというか、攻めの姿勢が鮮明で、日本のネットが騒然となっていますね。

世界的には、今更感・・・。(マテ)

漫画村とは

日本の著名な漫画が無料でいくらでも読めるという、お小遣いの乏しい読者とってはのような版権を持つ出版社には悪夢のようなサイトです。
漫画村に掲載されている漫画の量は日々増えており、有名作品、話題作品が並んでいる現実があります。(衰えるどころか、パワーアップ中なのです…不都合な真実)

アイホンなどの高価なスマホやタブレット、パソコン等に、高負荷での仮想通貨の採掘をさせて利益を上げていることについては、漫画村からのコメントはなさげに見えます。
漫画村の漫画を閲覧することで、仮想通貨の採掘で、スマホやタブレット、パソコン等がダメージを受けて破損してしまう恐れもありますよね。
諭吉が何枚も必要なスマホやパソコンの購入費を考えると、漫画を閲覧中に行われ続ける採掘の負荷は、利用者にとっても割に合うとは思えません。ウイルスとかも怖いです!

漫画村プロとは

漫画村の膨らんだ維持費を賄うために作られる予定の有料サイトとのことです。(漫画村は、閲覧者の端末に仮想通貨の採掘をさせたり、うさんくさい広告で荒稼ぎしているようにも伝えられていますが、トラフィック量云々というより最後の荒稼ぎに動いているようにも見えます!?)

「漫画村プロ」では、全ての広告を除去し、アダルト作品の非表示選択、ZIP形式での画像ダウンロードなどの機能を提供されるとのことです!

一方で、「漫画村プロ」でも、「漫画村」と同様に!?、coinhive を使った仮想通貨の採掘(マイニング)をするかどうかついては、触れられてはいないようです。

また、3人まで同時に使用ができ、無料版と分離した安定したサーバーで閲覧することができるといいます。

「漫画村プロ」の提供は4月から5月に予定!されています。(←やめて!)

それ! 『漫画家さんの広告』ではなくて、非難とか、抗議の声!だと、私は思うんだけれど、煽り上手というか、皮肉が効いていますね。

そして、私も まんまとそれ(炎上商法とでもいうのかな)に乗せられているのが歯がゆいところです。

「漫画村プロ」の利用者が、クレジットカードなんか使った日には、どう悪用されても、救済どころか、同情すらされないと思うのです。

 それと、日本国内で「漫画村プロ」からダウンロードしたZIPを、一部でも公開するとアウトになります。(そらそーだ^^;)

 利用者がお金を払っている有料サイトといっても、「漫画村プロ」は、脱法サイトですので、利益は版権元にいきません。

 これで版権元の出版社や職業漫画家の収入が途絶えてしまうと、本当に漫画づくりの上手い人が漫画を作らなくなって、趣味で作っている低予算で内容も凝らない漫画が増えてしまうと思うのです。

(↑げーむやかんは、今回 これを伝えたくてこの記事を書きました!

 趣味で作っている低予算で内容も凝らない漫画も、げーむやかんは愛していますけれど、出版社と商業漫画家さんが作った漫画が減るもつらいのです。)

_

_

「漫画村プロ」に関する 2018年3月5日 10時53分付の BIGLOBEニュース
_

無料で漫画などを閲覧できるサイト「漫画村」が、有料版「漫画村プロ」を開始することがわかった。漫画村は、漫画雑誌やコミックス、写真集などが無料で閲覧できるサイト。その多くは出版社の許可を得ていないため、
_

著名な反応

マンガ海賊版サイトの閲覧者、知らぬ間に仮想通貨を「採掘」させられていた

NHK「海賊版サイトの閲覧は罪に問われない」NEWS7より

NHKの夜のニュースで、海賊版サイトの存在を知った方も多いと思いますが、よりによって、違法性がないことまで周知されてしまい、ますます事態が複雑になってしまった感もありますが。逆に、「フリーブックス」に続く、雨の後の竹の子のように出てくる「海賊版サイト」をどうするのか、おおやけに議論を巻き起こす、きっかけにはなったとは思います。

漫画村に違法性はないと報じるnhk7ニュース

日本漫画家協会公式サイト「海賊版サイトについての見解」

「このままの状態が続けば漫画文化が滅びてしまう」
_

今年度は役員改選年にあたり、第五回通常総会及び臨時理事会(共に6月15日開催)を経て、以下の方々が新役員に決定しました。 &n
_

漫画家の江川達也氏・・・19日放送のAbemaTV『AbemaPrime』より引用

「”過渡期”にいるという諦めもあるが、それでもやはり作り手にお金が還元されなければ衰退してしまう。
タダで読んでいる人たちは酷いことしているなと思う」

「凝ったものを量産するのは大変なことなので、低予算で作れるものしか作れなくなってしまうと思う。
プロが減って、趣味で書いている人や、単純な絵で日常を描いてます、みたいな作品が増えていく感じがする。
出版業界はもう少しインターネットを勉強して、良いシステムをきちんと作るという努力をすべき。後手後手に回っている」

_

 「罪の意識はあまりないかもしれない」「サイトに上がってたから、いいかなみたいな」 作者や出版社の許可なく漫画がアップロードされ、無料で読むことのできる「漫画村」などの"海賊版サイト"が今、議論を呼ん
_

『MURCIÉLAGO -ムルシエラゴ-』作者 よしむらかな様

知欠健太郎【公式】

僕が漫画村を批判しない理由 佐藤秀峰様 2018/01/30 00:14

_

今更ですが「漫画村」という海賊サイトが話題です。 サイトでは多くの漫画雑誌、作品が出版社や漫画家の許諾なく公開されています。 ユーザーはそれらを無料で無限に読めるとあって、漫画界隈では大きな問題となっています。普通に考えると違法サイトですが、サイト運営者は「漫画村内のサーバーには画像を保管していないので違法では...
_

漫画海賊サイトの「海外サーバだから合法」はどこまで通る? 政府の対策について文化庁著作権課に聞いた byねとらぼ様

結論からいうと、「閲覧するだけなら合法」「ダウンロードも私的利用のみなら合法」。

違法性があるのは基本的に運営側のみで、著作物(漫画)を著作権利者に無断で公衆送信(サイトで公開)している行為などが、著作権法に抵触する。

「まず違法アップロードされた著作物であっても、PCやスマホ等の『画面に表示する行為』そのものは複製には当たらず、本屋での立ち読みと同じ扱いとなるので合法となります」

「またキャッシュで一時保存している場合も、行為としては『著作物の複製』にはなりますが、違法には当たりません。著作権法第47条の8『電子計算機における著作物の利用に伴う複製』によって、著作物が端末機器に一時保存される場合は、著作権侵害行為にならないと定められているからです」

違法ダウンロードの対象となっている著作物は「音楽」「映像」だけ。

漫画や小説といった画像やテキストは盛り込まれておらず、違法にアップロードされたものであっても“私的使用のための複製”ならばダウンロードしても合法となっている。 以下、ソースでどうぞ。

_

2018年に入りますます議論が盛り上がっている漫画の海賊版サイト問題。サイトの違法性、対抗策について文化庁に取材した。
_

匿名ネットの批判の声

「盗人猛々しい」

「今まででもアウトなのに人の漫画で課金とな」

「隣の畑から野菜取ってきたから売るぜ!生産者のことは知らないけどな!みたいなことか」

「作者になんのメリットもないじゃん」

「そこまでするならWEB漫画でちゃんと契約しちまえよ」

「超えてはいけない領域に達した」

「稼げる間に稼いで逃げきるもりかな」

「利用者側も取り締まらないとだめだろ」

「漫画家を守らずして漫画村を守るとか滑稽にも程があるだろ」

匿名ネットの賛同の声

「俺らの漫画村を潰すな」

「漫画村マジ最高w」

「漫画なんて趣味で書いてるだけだし、全部無料にすりゃいいんだよwww
どうせならラノベも無料にしようぜwww」

「罪の意識はあまりないかもしれない」

「サイトに上がってたから、いいかなみたいな」

「めっちゃ使いやすいし何でもあるし最高やわ」

「周りも使っている。新しい漫画が出たら教えてもらう。”やばいのかな”と言うこともあるが、僕はよくわからない。
でも、漫画家さんにちゃんとお金が入るのは”買う”という形なので、そうしいかないと漫画家さんも減るし、苦しくなるとは思う」

「漫画村以前に昔からtorrentやら海外アップローダーやらで落とされまくってるだろ
どうしようもねえしあきらメロン 」

「違法サイトは他にもあるし、また出てくる 」

「ネットで特定の海賊サイトを非難する行為は、広告になって海賊サイトを利するから『拡散を助長する、ほう助』、知っていて黙認するのは『悪意による、ほう助』、何も知らないまま知ろうともしないのが『善意による、ほう助』 」

「ブックオフの立ち読みも規制するのか?」

漫画版のSteamを作れば、漫画の海賊サイトは激減するのではという対案の記事

_

(3/7 おま国について追記) 「海賊版を止める最適の方法は、DRMの最適化じゃない。ただ海賊版よりももっと良いサービスを提供するべきなんだ。」 -ゲイブ・ニューウェル Valve Softwere 業務執行取締役 How Valve experiments with the economics of video ga...
_

海賊サイトに負けない、漫画版のSteamのようなWEBサービスに求められる要素

1.起動時に漫画本が正規品かどうかのアクティベート
2.大規模な漫画のセール (Steamのサマーセールてきな)
3.漫画の修正箇所や追加ページの自動の更新 (カラーページが増えていったり、SNSの様なコミュニティの充実)
4.既存の出版社や電子書籍サイトが共同で誠実な運営を行い利便性を図る(仮想通貨の採掘《マイニング》をしない、変な広告を入れない、明朗で安全な決済システム)
5.海賊版で満足しない正規品を求めるユーザーの意識変化を促す機能やサービス(キンドルやヤフー、他の電子書籍サイトで正規購入された本も読める等のサービス)
6.インディーズ出版へのサポート(KDPのようなダイレクト出版)
7.同人活動や二次創作へのサポートと原作者への利益の還元(ついでにカスラック?みたいな団体を、新規に利権に絡めなければ尚可)

たしかに、脱法で、手の届かない海賊サイトにも、これなら対抗できるかもしれませんね。

まとめ

げーむやかんの感想ですけれど、漫画家の江川達也様のおっしゃっていた「凝ったものを量産するのは大変なことなので、低予算で作れるものしか作れなくなってしまうと思う。 プロが減って、趣味で書いている人や、単純な絵で日常を描いてます、みたいな作品が増えていく感じがする。
出版業界はもう少しインターネットを勉強して、良いシステムをきちんと作るという努力をすべき。後手後手に回っている」というコメントがもっとも、現在のところ、的を得ているような気がしました。

漫画版のSteamのようなサービスを作れば、漫画の海賊サイトは激減するというアイデアもいいと思いました!

後日談

そして、、、、

*⌒*⌒*⌒*⌒*⌒*⌒*⌒*⌒*⌒*⌒*⌒*⌒*⌒*

*⌒*⌒*⌒*⌒*⌒*⌒*⌒*⌒*⌒*⌒*⌒*⌒*⌒*