げーむやかん語録1

シェアする

イラストAC_414204

_

_

_

_

_

_

_

_

_

※某政府がどこの国の政府がをさすかについて、げーむやかんは決められる立場にもないので、決めざるを得ない日本の外交に携わるエライ人たちの決めたことに、ただ従うのみです。ただし、日本に技能を実習に来る人たちが、求める技能以外のことを、日本国内で、安い労働者の代わり程度に扱われるケースがあることを、少しだけ気にかけてはいます。違う問題に見えて、同じ問題だと思うのです。げーむやかんは、本気で心配しているのですよ、徴用工像にかわって、『こんなはずじゃなかった技能実習生像』が、世界中に建てられるのを…。
日本に働きに来る、すべての外国人が、それなりに満足する体験を得られたらいいなぁとは思っている。
ただ世界は広い・・・多様な価値観を持つ世界の人を、日本という島国が受け入れる土壌があるのか? 住み分けが必要になるのか? 
グローバル化と住み分けの折り合いをどうつけていくかが問われる時代がきている。(身近な近所でもです。)
かのトランプ氏は言った。「壁を作ろう、彼らの金で!」
言いえて妙のアンチテーゼだと思う。(褒めてはいない。)

☆☆☆

この語録に関して、コメントは求めていません。