microKEY-25が到着、動作確認とバンドルソフトをいれて、まだてんやわんわな話。

シェアする

スポンサーリンク

microKEY-25が到着、動作確認とバンドルソフトをいれて、まだてんやわんわな話。

前日譚はこちらになります。

DTM用に、midiキーボードを買おうと思って、microKEY-25にするか、nanoKEY2 BKにするかで迷った話。
KORG 定番 USB MIDIキーボード microKEY-25 音楽制作 DTM 省スペースで自宅制作に最適 すぐに始められるソフトウェアライセンス込み 25鍵 ぽちりました!
_

この記事の伝えたかったこと

amazonで注文していたmicroKEY-25が宅配されてきていました。
midiキーボード microKEY-25 を USBケーブルごしにPCに刺しただけでは音が鳴らなかったトラブルは、公式のドライバーをインストールすることで、midiキーボードが使えるようになりました!
普通に鍵盤を叩くと、それなりの音が出ます。
またオーディオのドライバモードは、ASIOから、WASAPI共有に変更しました。
やかんは糞耳のため、まったく支障を感じないので、これでOKということにします。

amazonで注文していたmicroKEY-25が宅配されてきていました。

さっそく、開封します。

midiキーボードとモルさん

Amazonのレビューでたびたび同封し忘れてあると耳にしていた 付属品のUSBケーブルも、しっかり付属してあって一安心しました。

届いたもの
・商品の外箱
・microKEY-25 本体
・USBケーブル
・保証書と取扱説明書が多国籍言語で書かれた紙
・ダウンロード ソフトバンドルの コードが書かれた黒い紙製のカード

それでは、さっそく動作確認です。

microKEY25外観説明

・microKEY-25 本体を USBコードで パソコンに接続して、Cakewalkを起動します。
・Cakewalkの設定から、microKEY-25を使えるように、試行錯誤しながら てきとーにいじります。
・結果、なぜか やかんの想定外でしたが、microKEY-25がうまく動作しているのかわからないまま、DAW中に音が出なくなるという症状が現れます。

・オーディオドライバーが、認識されない様子でした。ほかにも トラブルがありそうです。^^;
・しかたないので、いったん バンドルソフトの確認に行きました。

ソフトバンドルのコードを入力して、バンドルを受け取りに行くところです。

microKEY-25にくっついてきたPC用のソフトバンドル

ここに挙げたバンドルソフト以外にも、なにかの体験版やらいくつかあったけれど、興味をひかなかったので今は省略しておきますね。興味のある方はこちらで。

KORG
M1 Le
KORG Collectionシリーズに含まれているミュージック・ワークステーションの先駆M1のサウンドをソフトウェア化したM1ソフトウェア・シンセサイザーのリミテッド・エディション「M1 Le」のライセンスです。

インストールしました! (=^・・^=)

Applied Acoustics Systems
A|A|S Pack

Lounge Lizard Session

フィジカル・モデリングならではの表現力にあふれたエレピ・サウンドで定評のあるLounge Lizard EP-3。Lounge Lizard Sessionは、そのLounge Lizard EP-3のエンジンを使った、シンプルかつ強力なバーチャル・エレクトリック・ピアノです。

Ultra Analog Session

Applied Acoustics Systems社の、ファットで力強いサウンドで定評あるアナログ・モデリング音源「Ultra Analog Session」のライセンスです。

Strum Session

Applied Acoustics Systems社の、生楽器ならではの表現力にあふれたアコースティック・ギターの“演奏”を可能にする物理モデリング音源「Strum Session」のライセンスです。

インストールしました!(=^・・^=)

Propellerhead

Reason Lite

Reason Liteは、Reason 10のフル・バージョンと同じインストゥルメント、エフェクト、レコーディングおよびミキシング・ツールの多くを提供し、8つのインストゥルメント/オーディオ・トラックが利用できます。

付属のDAWなのでしょうか、Lite版なので機能制限があるでしょうから、当分はCakewalkを使うため、インストールしませんでした!

UVI

Digital Synsations

Digital Synsationsは80年代後半から90年代前半にかけて流行した、4つの代表的なデジタル・シンセサイザーを丁寧にサンプリングしたソフトウェア音源です。

時間がかかりましたが、インストールできました。(=^・・^=)

試しにDigital_Synsationsのダウンロードファイルを実行しようとしたところ、エラーを吐いた画像です。

zipは9GBも容量があって、期待していたのですが、ドングルが必要なのかもしれませんね。(ちがいました。)

iLOKに製品の登録は出来ているけれど、デバイスの認証はできていないと思われる画像です。

解決には時間を要すると思われましたが・・・。

iLocの認証に手間取っている画面です。

こちらを読んだら、自分のPCのアイコンに、アクティベートされていないアカウントを、ただドラッグするだけで認証が出来ることがわかりました!

ドラッグしたら、PCの認証が出来ました。

とりあえず、状況確認のため、無料のDAW Cakewalkを起動します。

音が出なくなった時の画面です。

なんだか、様子がおかしそうです。なんか 設定ミスをやらかした予感しかしません。

それはさておき、バンドルで今貰った音源が追加されたのは確認できました。

Cakewalkに音源が追加されているのを確認している画像です。

なんか増えているなぁといった ゆるい感じです。
それよりも、気になったのは…音がでなくなったこと!!

バーチャルコントローラーからも、楽器の音が鳴りません!
そして、microKEY-25の鍵盤をたたいても 音が鳴りませんでした!

とりあえず、設定をさらにてきとーにいじりまわします。

ドライバモードを、ASIOから、WASAPI共有に変更してみます。

バーチャルコントローラーからは、音源の音が鳴るのを確認しました!

しかし、midiキーボード microKEY-25の鍵盤をたたいても音が鳴らないという症状がでてしまい、困っています。

とりあえず midiキーボードの鍵盤を叩いたら 音が鳴るという所まで進めます。

公式から microKEY-25 のドライバーをインストールしてみる。

公式のドライバー

株式会社コルグは、音楽を演奏、作曲するためのシンセサイザーやデジタルピアノ(電子ピアノ)、DJ機器、デジタル・レコーダー、エフェクター、チューナーまでさまざまな電子楽器を製造、販売しています。
↓KORG USB-MIDI Driver/KORG USB-MIDI Driver (for Windows 10)
株式会社コルグは、音楽を演奏、作曲するためのシンセサイザーやデジタルピアノ(電子ピアノ)、DJ機器、デジタル・レコーダー、エフェクター、チューナーまでさまざまな電子楽器を製造、販売しています。
バージョン:1.15 r35e
更新日:2020.01.31

をインストールしてみる。

midiキーボードに、ドライバーをあてる必要があったようです。

この時点で、midiキーボードが動作せず、鍵盤を叩いても音が出ない症状は解決しました!

ASIOというドライバをPC上で使うためのフリーソフト

「asio4all」ASIOドライバーのないオーディオインターフェイスをASIO対応にできるソフト
の利用も検討します。商用利用はだめっぽいので今回はパスです。
ドライバモードは、ASIOから、WASAPI共有のままで様子を見ます。

公式のドライバーをあてたら、midiキーボードが使えるようになりました!
普通に鍵盤を叩くと、それなりの音が出ます。

なんちゃってのDTMのど素人でも、無事に、DAWで遊べる環境が整ってきました!
めでたいです。わぁいヽ(∇⌒ヽ)(ノ⌒∇)ノわぁい♪

今回の記事はここまでになります。

最後まで、読んで下さってありがとうございました!

midiキーボードが手元に届いた画面です。

関連記事

_

にわかDTMerとして2か月経過しました。BOOTHにてフリーBGM2曲を追加しました。
はじめて無料のDAW Cakewalkをダウンロードしてから、ちょうど2カ月が経過しました。 まだまだ騒音のレベルをでていませんが、ぼちぼち遊んでいきます。 げーむやかんの知り合いからは、 「 なんで曲名が、制作日時と制作の順番なんだよww 」ってよく言われます。 管理しやすいからです。 イメージした文章をそえるのすらメンドクサイですが、しぶしぶ 適当なキーワードをいれたりしています。
音楽素材集『げーむやかんBGM1』  著作権表記は必要ですが、粗製濫造されたゲーム用BGM又は動画用BGMをフリーBGMとして頒布します。
『げーむやかんBGM1』 を無料で頒布します。 にわかDTMerの やかんが遊びで作った へたくそなフリーBGMですが、BOOTHにて...
Humble Software Bundle Music Producer を20ドルでぽちっただけの話です。日本円で時価2282円でした。
ハンブル ソフトウェアバンドル:音楽プロデューサー Humble Software Bundle Music Producer を20ドルでぽちっただけの話です。日本円で時価2282円でした。
Fair   DTMのど素人  やかんがオリジナル曲というかメロディを作って遊んでいます
Fair DTMのど素人 やかんがオリジナル曲というかメロディを作って遊んでいます。 ・フリー音楽の素材ではありません。 ・どこに公開す...
自分用のDTMに関する作業工程のメモ的ななにかです。
自分用のDTMに関する作業工程のメモ的ななにかです。 自分用のDTMの作業工程てきなメモっぽいものです。 順次、修正したり、加筆したり、...
DTM用に、midiキーボードを買おうと思って、microKEY-25にするか、nanoKEY2 BKにするかで迷った話。
KORG 定番 USB MIDIキーボード microKEY-25 音楽制作 DTM 省スペースで自宅制作に最適 すぐに始められるソフトウェアライセンス込み 25鍵 ぽちりました!
Plugin Boutiqueが 8周年記念で、iZotope製品のセールをしていたので、5,613えんでバンドルを購入した話
Plugin Boutiqueが 8周年記念で、iZotope製品の大規模セールをしていたので、5,613えんでバンドルを購入した話 はじ...
無料のDAW、Cakewalk(旧SONAR)こと、 BandLab AssistantとCakewalk by BandLabをインストールした件
無料のDAW、Cakewalk(旧SONAR)こと、 BandLab AssistantとCakewalk by BandLabをインストールした件。 げーむやかんは創作全般を扱うとはいえ、音楽については、いささか門外漢です。 いま、この記事を書いている やかんは、漫画制作やイラスト制作に飽きてくると、気分転換に、いろんな逃避行動を行います。 したがって、この記事をもって、DTMやDAWについての知識を得ることは期待できませんので、お時間のある暇な方だけ読み進めていただければ幸いです。
_

スポンサーリンク