とあるエンジニアがTwitterの規約内で、buhitterをつくって炎上した件について

シェアする

スポンサーリンク

とあるエンジニアがTwitterの規約内で、buhitterをつくって炎上した件について

数年前にpixivでも似たようなことが、話題になっていたなぁと思いながら、このブログ記事を書いています。
Gmailの受信トレイも規約上他人が読めて、問題が明らかになってきた昨今、みんな規約を読んで、わからないことがあったり、同意できないことがあったら、それがTwitterであれ、pixivであれ、googleであれ、ニコニコ動画であれ、Youtubeであれ、規約をあやふやなまま承諾して利用していては、まずいってお話です。

とはいえ、インターネットは、もはや空気なようなもので、現代生活に欠かせない、インフラの一つです。
私にも言えることなのですが、必要なことは、そのつど勉強して、なにかネット上で便利なサービスを見つけるたびに、そこの規約やサイトポリシーを、隅々まで目を通すようにしなきゃいけないなぁと思いました。

すこし話がそれてしまいました。この件について、げーむやかんでは、漫画村とか、無断転載の問題じゃなくて、利用規約を読まないか、理解しないまま、便利に見えるサービス(ここではTwitter)を利用している人が多い、というのが問題だと思っています。

ちなみに当ブログのプライバシーポリシーや、サイトポリシーはこちらにあります。
_

プライバシーポリシー
プライバシーポリシー 本文書は、当サイトにおける個人情報の保護およびその適切な取り扱いについての方針を示したものです。 目次 ...
_

このブログでは皆様に、無料で、役に立ったり、楽しめるブログコンテンツを、なるべくたくさん提供したいと思っていますし、その為には、ネット上のサービスを利用規約にのっとって、諸サービスの公式のAPIを利用させていただくこともあります。

今回は、雰囲気の重たいブログ記事になってしまいましたが、げーむやかんにとっても、真摯に受け止める必要のある、看過できない問題であると思いましたので、ひとつの記事としてまとめます。

ちなみに、以下に見られるものが、Twitterの公式のAPIを使用したものです。これらのブログ埋め込みや、リツイートや いいね(ファボ)に、いちいち呟いた本人に許諾をとることは原則いたしておりません。(許諾をいただくこともあります。)
げーむやかん以外の他者に対しても、同様です。
(例: 素敵なツイートですねリツイートさせて下さい、ブログに埋め込ませてください等々・・・)


☆☆☆

※呟いた投稿者自身が依頼した代理人からでも、受け付けています。
ダイレクトメッセージか、コメント欄から受け付けています。

☆☆☆

『無断転載』について調べる

ニコニコ大百科(仮)で『無断転載』について調べる
ピクシブ百科事典で『無断転載』について調べる
ウィキペディアで『無断転載』について調べる

スポンサーリンク