話題の新刊 バカとつき合うなと、頭に来てもアホとは戦うな!を読んでみた。

シェアする

話題の新刊 バカとつき合うなと、頭に来てもアホとは戦うな!を読んでみた。

 おんなじ棚に並んでいたので、姉妹本かと思ったら、ぜんぜんちがいました。
 商品紹介と言いつつ、頭に来てもアホとは戦うな!よりも、バカとつき合うなのほうが、読みごたえがありました。
 げーむやかんがお勧めできるのは、徳間書店からの出版で、ホリエモンとキンコン西野による初の共著の バカとつき合うな の方かなぁ。。。

☆☆☆

_
_
バカとつき合うな

 バカとつき合うなは、ホリエモンとキンコン西野による初の共著です。
 徳間書店から、 2018/10/26に発売されたばかりの話題本です。
 世の中には、いろんなバカがあふれていますが、そんなバカに振り回されても、勉強になるどころか、自由な時間が減るだけだから、もっと自由に行きましょうという内容の本だと思いました。
 ところがですね、そんな世にあふれるバカへの愛が208 ページにわたって綴られているのです。
 筆者らも含めたバカ者たちを種類別に解説しながら、バカから自由になることの利点を説き、自分の人生設計を自分のために作ろうという趣旨が書かれています。
 たくさんの好意的なレビューが書かれていますが、実際に本を読んでみると、そんなバカの数々に読書自身がなることのないようにも執筆されていて、実際に手に取って、読むことをお勧めできる内容だと思いました。
 たくさんのレビューや目次や本の中身ざっと見て、スルーしちゃうのには、もったいない本だと思いました! 

_
_
バカとつき合うな

☆☆☆

_
_
頭に来てもアホとは戦うな! 人間関係を思い通りにし、最高のパフォーマンスを実現する方法
_

 頭に来てもアホとは戦うな!は、朝日新聞出版より、2014年頃から重版を重ねている。田村 耕太郎氏の本です。書かれている内容は、 「不条理・理不尽に人の邪魔をするアホを相手にするのは時間・労力等の無駄。そんな人間を相手にせず、もっと有意義なことに時間・労力を使いましょう」というものでした。
 作者は立派な経歴の方ですので、世にあふれるアホを相手して論破しても、一時的な爽快感を得るだけで時間がもったいないというようなことを、丁寧に書かれていました。そして、そんなアホは利用こそすれ、関わらないのがグローバル人材の最低条件だそうです。
( ´ー`)フゥー...

_
_
頭に来てもアホとは戦うな! 人間関係を思い通りにし、最高のパフォーマンスを実現する方法
_

ねこ
珍しく文字ばっかりの本を読んでるw
やかん
(/ω\)イヤン