パソコンのCPUにグリス塗りなおしたら、お掃除に使った無水エタノールが余ったので、手作り消臭剤を自作してみた

シェアする

スポンサーリンク

パソコンのCPUにグリス塗りなおしたら、お掃除に使った無水エタノールが余ったので、手作り消臭剤を自作してみた

前回のノートパソコンのCPUのグリス塗り直しと、冷却ファンの掃除をしてから、グリスはともかく、大量に余った無水エタノールが邪魔なので、手作り消臭剤に転用することにしました。

消臭剤のイラストです。

レシピは適当なので、おすすめはしません。
(どうしても真似をするのならば 自己責任でお願いします!)

手作り消臭スプレー レシピ

概要

精油(ハッカ油)は水に溶けません。ですから、使う水道水の1割にあたる無水エタノールを前もってハッカ油などの精油(お好みの香り、量)に混ぜて振っておきます。つぎに重曹(私は重曹のぬめり・アルカリが苦手なので分量控えめ)も混ぜます。
最後に水で10倍程度に薄めて、よく振って出来上がりです。
一週間ぐらいで、使いきれる量を作るのがポイントです。

材料
・無水エタノール:20ml (小さじ4)  (健栄製薬のはベンゼン不使用で安心)

・精油(ハッカ油):10滴(0.5ml)

・水道水:200ml (コンタクトレンズ洗浄用の精製水がより良い)

・重曹:約5g (小さじ1)

作り方
・できれば(ポリエチレン容器はさけて)ガラス瓶のスプレーに、無水エタノール20mlと精油10滴と重曹小匙1を混ぜ入れる。
・水道水(または精製水)200mlを足し入れて、良く振る。
・できあがり。1週間ぐらいで使い切るようにする。

使い方

スプレーして使います のイラスト。

・ゴミの消臭や、トイレや、梅雨時の洗濯物にスプレーして使うつもりです。

衣類やくつやゴミ、特に生ごみの消臭に使うつもりです。

注意点
エタノール原液は、TVやPCなどの液晶画面、アクリル・プラスチック面、ワックスのかかった床、家具などの表面処理・塗装面を溶かし、火の使用時には引火の可能性もあるので、自作の消臭剤として大幅に薄めたとはいえ、これらの物にはかからないように使うつもりです。

猫とかフィレットなど肉食系の小動物は、なんかの中毒を起こすかもしれないので、直接には使わないでおく。
ハッカ油をはじめアロマテラピーで使う全ての精油は猫の健康に有害で重篤な肝機能障害を起こし最悪の結果を招くっぽい。

この手作り消臭剤は、ムカデやゴキブリも大嫌いで寄り付かなくなるっぽい。

ノロウイルスには、効果が無いので念のため、覚えておく。。

厳密に成分10%の手作り消臭剤を作ろうと思えば、使う水は200mlではなくて180mlで良いのだけれど、薄めの方が安心安全だと思うので、200mlの水で溶かしました。小匙で計る分も厳密に『すりきり』で作っていないし、ハッカ油の滴数も10滴『ぐらい』のアバウトさで作成しています。

あくまで、衣類や生ごみへの悪臭やカビ対策かなぁ。

使ってみた感想ですけれど、いいもんですねぉ。
キッチンや換気扇周り、トイレでも活躍しています。

あと冗談でも飲まないようにw とくに未成年者は絶対ダメ ぜったいです。

最後に有名企業が作る 消臭剤の方が、(用途にもよるけれど)私は大好きなのです。(そりゃね^^;

_
_

スポンサーリンク